知っていれば安心!iphone修理に関してのノウハウ紹介

iphoneを修理する方法とは?

iphoneが何らかの故障や破損をしてしまった場合、Appleのサポートセンターに申し込みをするかiPhone修理を専門に取り扱っている業者に持っていく必要があります。サポートセンターの場合は本体を送ってから2週間ほどかかるケースが多いのですが、専門業者に持ち込むと当日修理が終わるケースも多いです。

このため修理からどの程度で利用できるようになるのかを計算して、サポートセンターか修理業者のどちらかに持ち込むのが一般的な修理方法だと言われています。ただ修理業者の場合は必ず修理できるという保証はないので、基本的にはサポートセンターに届けるのがいいと考えられています。

どの程度の金額で修理してもらえる?

iphone修理にかかってくる費用や金額は、サポートセンターに持ち込むのか専門業者に持ち込むのかによって異なります。

例えばサポートセンターであれば機種が新しくなればなるほど高額になりやすい傾向があり、2万円から3万円前後が相場です。ちなみにサポートセンターの場合は既定の破損や故障以外だった場合には高額になる傾向があり、修理費用が6万円を超えるケースもあります。

また専門業者の場合は簡単な破損や故障であれば3千円から利用できるものも多く、高くても1万円から2万円程度と低価格で利用できるところがメリットです。

修理先の選び方について

修理をどこにお願いするのか選び方のポイントとしては、まず修理や破損の程度です。簡単なものであればサポートセンターよりも修理業者の方が安く早いので、手軽に修理してもらえます。ただ複雑な故障や破損、特殊なパーツや部品を使っている部分の修理であればサポートセンターを利用しないと難しいようです。

iphoneの修理は基本的にはApple直営店で申込になりますが、調べてみると正規サポート店や、ネットで修理依頼をする事もできます。