ウェブ制作では三種類ある文字コードの中でどれを用いればいい?

昔から使われているShift_JIS

ウェブ制作を行うにあたって必ず決めておきたいことの一つに「文字コードをどれにするのか」ということが挙げられます。日本語を表せる文字コードは三種類あり、HTMLのヘッダー部分で「このページは、この文字コードで表示してほしい」という指示を書かないと、ブラウザで表示したときに文字化け、つまり、日本語による文章がでたらめな文字に変換されてしまう可能性があるのです。

では、三種類のうち、どの文字コードを指定すればいいのでしょうか。まず、以前よく使われていた文字コードがShift_JISと呼ばれるものです。現在でもShift_JISを使ったウェブサイトは多く残っていますが、新規に作られるサイトではあまり採用されていません。なぜかというと、使える文字に限りがあるからです。たとえば、補助漢字と呼ばれる特殊な文字がコードに含まれていないので、表示できません。

世界標準のUTF-8が人気を集めている

Shift_JISと並んで以前からよく使われていたのがEUCという文字コードです。ただ、EUCはShift_JISと比べると使える文字の制限は少ないですが、ウェブサイトで用いると文字化けしやすいという欠点がありました。そのため、Shift_JIS同様、新規にウェブサイトを作る場合、EUCを指定することは少ないです。

そして現在、ウェブサイトでもっとも使われているといえる文字コードがUTF-8です。Shift_JISが日本語を表すための文字コードだとすると、UTF-8は各国の文字を含んでいて世界標準といえる仕様になっており、多くのウェブサイトの制作者が採用するようになっています。

コーディングとは、ウェブサイトを制作する際にプログラミング言語を書いていく作業のことを指します。特にウェブのデザインをする言語「HTML」「CSS」の言語のマークアップを指すことが多いです。