マーケティングオートメーションの正確な意味と誤解されやすいこと

マーケティングオートメーションとはどんなものか

マーケティングオートメーションという言葉は、営業活動の一部を自動化することを指します。たとえば、自社のイベントやセミナーの参加者へのお礼をメールで送るとき、全員に同じメールを自動で送るツールを使うことは、マーケティングオートメーションに当たります。定期的なメールマガジンや自社の最新情報を見込み客にネットを使って送信する行為も、マーケティングオートメーションです。
営業社員個人で見込み客の情報を持っているのではなく、獲得した見込み客の情報を社内で一元化し、営業社員が行う必要のない行動についてツールを使って営業活動を行います。一元管理によって見込み客の情報を的確に取り扱えるようになり、購買意欲を刺激する積極的な営業活動が実行可能です。

マーケティングオートメーションで誤解されやすいこと

一般的に企業で導入する場合、無料で提供されているツールを組み合わせて実行する方法と、数万円するソフトを購入して自社で利用する方法、システム自体を数十万円かけて開発して実行する方法などがあります。それぞれメリット・デメリットがあるため、自社に必要となるやり方を実行してください。
営業活動を効率よく自動化できることがマーケティングオートメーションだからといって、営業社員は何もしなくていいというわけではありません。
営業活動に最適な行動を自社で入力することで、営業活動を効率化することができるため、的確な行動を入力することが必要です。
また、短期間に結果が出る物ではなく、長期間運用を行うことによって、初めて結果が出る物とされています。1年程度運用することを考えて費用をかけること、納得できる形で運用することが望ましいでしょう。

マーケティングオートメーションとは略してMAともいい、インターネット広告やキャンペーンなどを自動管理することをいいます。