意外と知られていない?ECサイトの意味と運営の仕方

そもそもECサイトとは?

ECサイトとは簡単に表現すれば、自社の製品をインターネットを通じて販売する通販サイトの事を指します。単純な物品の販売だけではなく、動画コンテンツの提供や、オークション形式のサイトなど形式は様々です。ECサイトの利点は人件費等がかからずに24時間、消費者に向けて商品を販売する事が出来ることが挙げられます。勿論、日本語以外もサイトに対応させれば、世界各国どの国の消費者にも商品を販売する事ができます。時差なども関係ありません。

管理方法には専門的な知識が必要?

ECサイトの管理を一人で行う場合は、様々な分野に知識と能力が必要と言わざるを得ません。入金の管理や顧客対応にはじまり、掲載する商品の撮影法、商品を紹介するライティング能力、営業活動(SNSやブログ等でアピールする等)などの能力が要求されます。簡単に表現すれば、普通は会社全体で行っている業務を一人でする必要があります。ただし、それは単独で管理運営するとなったら、という前提の話です。多くの管理者は自分に出来ない部分は外部発注をしています。会社でECサイトを経営している場合でも、内製と外注を使い分けています。注意点としては、個人で管理運営しているなら、全ての分野を外注に丸投げしてしまっていては、基礎的な能力が身につかない傾向があります。出来る分野は自分で挑戦してみることも重要です。写真撮影などは外注ばかりにするよりも、既に用意している紹介文に合わせた商品画像を自身で撮影した方が良い結果になることもあります。

基幹システムとは企業の主幹業務を担当するシステムのことを言います。例えば、証券会社ならば、金融商品の受発注が主幹業務ですから、受発注システムが基幹システムとなります